スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X-6Sq トーインバー

昨日の記事のチャレンジ結果♪


トーインバー・サスピン・シムによりサスアームの動きが渋くなる現象ですが。






直りませんでした (´・ω・`)







あっ!でも!!






ノーマルのプラトーインバー4度では現象発生しませんでした♪





ということは、アルミ製トーインバー4度を使用するには、加工か調整か組み立てる腕が
必要かもしれません。





でも、どこをどうすれば良いのかわりません・・・・。





アルミトーインバー下に入れるジュラコンシムを入れなければ良いのですが
なんか、入れないのも気になります。

少し短いサスピンとかが手元にあったら色々検証できるのですが・・・。






ということで、この問題はX-6ユーザーの多い、バンブーサーキットに今週持ち込みます!


どうか皆さん解決にご協力お願いします!!




念のため発生している状況をもう一度

1、アルミ製トーインバーを使用すると問題が発生しはじめる
2、サスピン前後のシムは抜いた状態でもサスアームが渋くなる
3、アルミ製トーインバー下のジュラコンシムを入れない状態であれば問題無し
4、問題はシャーシ裏のネジをしめた時点で発生する












問題は置いておいて、先に進めました♪




ここまで完成♪♪

x-6sq_20100902.jpg


カッコエエー♪♪



ほとんど出来上がっているけど、TRF201からの移植および




超重要なギャラクシーマンゴーボディーが出来上がっていない!!





とりあえずノーマルボディーを単色塗りしてしまおうか・・・・。







今日の一言
はまったことで、リアサスアームの交換練習20回はやった♪



スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

ウェザーニュース
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク
プロフィール

omi@

Author:omi@
2012年EPオフ全日本選手権出場しました。
2WD:93位(115)
4WD:94位(123)
メインサーキット:バンブーサーキット、FRC、RC PARK KERS
メイン車種:TLR22 B4.1 B-MAX4

カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。